【常時SSL・https】Googleより「保護されていません」という旨の警告が届きました。


httpsにつきましては、「常時SSL通信」と申しまして「そのページ内のフォームにて書き込まれた情報が外部に漏れること無く、暗号化された状態で、目的とするサーバーに情報が送信がされる」ということを意味します。

具体的には、例えばお客様のブログが、いちショッピングサイトであると仮定しまして、その中で商品の販売をおこなう際に、エンドユーザーさま(サイトをご覧になっているお客さま)は、決済のため、例えば「クレジットカード番号」等を入力しなくてはなりません。

ここで従来の「http」による、いわゆる「保護されていないサイト」にてそういった重要な個人情報を入力されてしまいますと、外部からの悪意ある何者かによってその通信を傍受され、通信の中身の情報を盗み見られる、あるいは情報そのものを盗まれてしまう可能性がございます。

しかしながら、JUGEMブログにつきましては、閲覧者の方より情報をご入力いただく要素としては「コメント欄」のみとなっております。

そして「コメント欄」につきましては「名前・サイトURL・メールアドレスおよびコメント内容」という情報のみであり、かつそれらの項目の入力については、閲覧者(コメンテーター)側の任意による意思決定の下で入力されるものになります。

また、常時SSLへの対応可否等については、ユーザーさまではなく「サーバー管理者側(JUGEM側)」にて対応されるものとなります。

このためJUGEMブログでは、現時点に於きましては、先述いたしましたように、ブログという特性上、緊急の対応が必要であるとの判断には至っておりませんが、今後の対応予定につきましては検討中でございます。

また、Googleからのセキュリティ警告につきましては、恐らくは、上記にて先述しました「コメント欄」を「個人情報を入力させるフォーム的なもの」として検出した結果、出されているものと思われます。

したがいまして、該当の警告につきましては、そのままご放念いただいて問題はございません。また、お客さまにて何か対応をいただく必要もございませんので、ご安心いただければと存じます。

※常時SSLの詳細につきましては、下記検索結果URLを参照いただければ幸いに存じます。

■常時SSLとは:Google検索結果
 https://goo.gl/cGF2Ag